【徒歩キャンプおすすめテント】2.5kg以下&2万円以下!お手頃価格な軽量テント5選!

4 min

車でのキャンプならテントの重さに悩む事はないですが、徒歩でキャンプを始める場合はテントの重さが気になりますよね?もちろん高いお金を払えば軽くて高機能なテントはたくさんあるのですが、これから始める初心者がいきなり高額なテントを購入するのは腰が引けますよね…。そこで徒歩キャンプをしている私が自分の経験を基に、徒歩キャンプにぴったりな軽量(2.5kg以下)&お手頃価格(2万円以下)なテントをご紹介します!

徒歩キャンプに必要なテントの条件とは?

私が徒歩キャンプを決意してテントを選ぶ時に考えたテントの条件と徒歩キャンプデビューしてから気づいた点をお話しします!

バックパック、若しくはキャリーケースに収まるサイズ

歩いてキャンプ場まで行く事を考えるとまずは軽い事が必須条件です。ソロ用の場合2.5kg以下であれば一般的に軽量と言えます。実際に徒歩キャンプの時はテント以外にも他のギアがあるので総重量はけっこうな重さになります。総重量を考えるとギアの中で一番重たくなるテントはなるべく軽量にしておきたい所です。

また、テント本体や付随するポールの長さが自分が使用するバックパックやキャリーケースに収まるのかも確認する必要があります。私はキャリーケースで徒歩キャンプデビューをしたのですが、感覚で入るだろうと思ってたキャリーケースにポールが長すぎて入らず焦った経験があります…。サイズ確認は必ず行いましょう!

テント設営が簡単である事

これはソロキャンパー全般に言える事ですが、キャンプ場に着いて設営する時、ひとりなので当然助けてくれる人はいません。最初から一人でのテント設営が難しい様なテントでは無く、一人で簡単に設営できるテントが望ましいです。私は自信が無かったので事前にYouTubeを見まくって設営方法の予習をしましたが、マイナー過ぎるテントだと検索しても動画が出てこないので、自信が無い人はネット検索やYouTubeで情報が多く出てくる人気テントを選ぶのも手かなと思います!

品質は超重要

自然の中で宿泊をするのですから雨、風、気温から体を守る必要があります。もし品質が悪く倒壊、破損した場合は雨、風に晒される事になります。冬であれば低体温症もあり得ますし、夏でも標高の高いキャンプ場であれば予想以上に寒いのです。また、倒壊や破損の際にもしペグやポールが飛んでしまえば、自分以外の他人にケガをさせる危険もあります。更にソロでの徒歩キャンプの場合は車で来ていないので、もしもの時に避難する事ができません。なので、Amazonで良くみかける数千円のメーカーも良く分からない様な安いテントは避けた方が良いです。

軽量テントは高価格が多い

軽量テントの中には1kg未満のテントもありますがそれらの多くはソロ用で4、5万円以上する高価なテントになります。(ここら辺はそれぞれのお財布事情で感じ方は変わるでしょうが・・)なぜ高額になるのでしょうか?

材質に拘っている

テントの軽量化に大きく関わるのはテント生地とポールの材質です。軽量テントの生地は化学繊維が多いですがその化学繊維もより薄く、丈夫で高機能な物になっています。また、ポールも鉄やアルミではなくカーボン素材を使用する事も多く、これらを使う事で高価になってしまいます。

構造に拘っている

軽量テントは普通のテントよりポール(ポール自体付属されていないテントも多いですが・・)など部品を少なくしており、ペグなどが必要になる非自立式が多いです。奇抜な形のテントも多く、メーカー側の技術・開発費も高価になる理由の一つだと思います。

徒歩キャンプおすすめ軽量テント5選

4~5万まで出さなくても、2万円以内で徒歩キャンプにぴったりな軽量テントはあります!2.5kg以下&お財布に優しい2万以下のテントをご紹介します!

Naturehike Cloud Up 1 Ultralight Tent

【公式】クラウドアップ 1 ウルトラライトテント 20D Cloud Up 1 Ultralight Tent 20D ネイチャーハイク Naturehike

価格:14,900円
(2021/2/14 18:34時点)
感想(0件)

ネイチャーハイクは中国のアウトドアブランドで安いのに作りもしっかりしているので、大人気です。私は徒歩キャンプを始める前、中国製の怪しいブランド・・としか思ってなかったのですが有名キャンパーでも愛用者が多く、口コミも良いので信頼できるテントだと思います。

バンドック ソロドーム

BUNDOK バンドック ソロドーム 1 BDK-08【rb_outdoor】

価格:10,571円
(2021/2/14 18:25時点)
感想(0件)

バンドックは日本のアウトドアメーカーで人気テントを数多く出しています。このソロドームも1.88kgと軽量なのに1万円台(2021.2.14現在)と安さに驚きます!ちなみに、私はこのソロドームよりちょっと軽いソロドームウルトラライトを購入して今も愛用しています。※現在品切れ中・・

バンドック ソロティピー

【送料無料】BUNDOK ソロティピー 1人用/BDK-75/テント、ソロ、モノポールテント、ワンポール、ティピー型

価格:9,800円
(2021/2/14 18:35時点)
感想(52件)

こちらもバンドックで設営が簡単な2.2kgのワンポールテントです。ほぼ同じサイズのワンポールテントでテンマクデザインのパンダライトがありますが、パンダライトだと総重量1.94kg、Amazonで25,080円(2021.2.14現在)なのでコスパで言えばバンドックソロティピーはかなり高いと言えます。

OneTigris TIPINOVAテント

OneTigris(ワンティグリス) アイアンウォール チムニーテント ODグリーン CE-YZP07-OD

価格:16,830円
(2021/2/14 18:42時点)
感想(0件)

こちらは中国のメーカーですが、ワンタイガー?若しくはワンティグリス?と、読み方がキャンパーの中でも分かれています(笑)!しかし、1.55kgとかなりの軽量!!このメーカーは他のテントも高評価なのでこちらも徒歩キャンプでおススメできるテントです。

OneTigris スーパーシェルター

OneTigris(ワンティグリス) スーパーシェルター アップグレード版 コヨーテブラウン CE-BHS02-CB

価格:10,999円
(2021/2/14 22:07時点)
感想(1件)

今流行りのパップテント風な感じでかっこいいのですが1.4kgと軽量ただし、ポールは付属していないので別途用意する必要があり、選ぶポールによってトータルの重量が変わりますね。いずれにせよ徒歩キャンプにぴったりな軽量テントです。

番外編:DOD ライダーズワンポールテント

番外編ですが、私が初めて購入したテントはDODのライダーズワンポールテントです。私は当初タープが必須だと考えていたのですが、荷物になるし一人で立てる自信がなかったのでこのタープ代わりにもなるキャノピーがついていて前室が広く、2.6kgなら軽いと思い決めました。実はバンドックのソロティピーとかなり迷ったのですがキャノピーが決め手になりました(笑)

【あす楽】2021年3月新仕様版 | DOD ライダーズワンポールテント T1-442-TN | 1人用 | 2ルーム構造のコンパクトツーリング仕様

価格:17,500円
(2021/4/4 14:54時点)
感想(1件)

最初は安いテントで全然OK!

いかがでしたか?キャンパーの中でもよく、後々買い換えないように最初からちゃんとした高いテントを買った方が良いと言う人もいますが、実際にキャンプを始めて使ってみないと自分に合うテントなのか分かりません。高いテントを買ったとしてもキャンプの楽しさを知り、自分のキャンプスタイルが確立してくると他のテントが欲しくなってくるものです。なので私は、最初は高価過ぎないテントを購入して慣れる方が良いと思っています。今回ご紹介したテントは低価格なのにスペックも十分なテントなので、まずはこれらのテントで徒歩キャンプを始めてみてはいかがでしょうか!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA